背比べ

ついこの間、エアフィックの米海兵隊のお兄ーちゃんフィギュアを買ったので、ただ積んで置いても仕方ないので早速箱を開けて1体仮組みしてみました。
f0020731_12362270.jpg

フィギュアに造詣の深い方なら、くだんのキットはマルチポーズの1/32キットということをご存知なのでしょうが、出戻りの私は初めて手にしたキットです。

水色のものがそれですが、1/35を見慣れた目だと「でかっ!」てのが第一印象。
定規で測ってみたところ54mmなので、由緒正しきヒストリカル系のサイズなようです。
で、1/35で実寸に換算しみると、この方の身長は189センチ(でかっ!!)

ちなみに日本兵の身長は約160センチ、80年代米兵が約182センチ、WW2米兵が約178センチ。
まあWW2当時に189センチの海兵隊員がいてもおかしくはないんでしょうが、ちょっとエアのフィギュアをタミヤの1/35と取り混ぜて使うと違和感が出来てしまいそうですね。
頭の大きさはさほど気になりませんが、手が1/35より一回りでかいのはちょっと気になります。

ユーロ系の模型界では身長差なんて大して気にしないようですが、私は気になります^^;
日本人はものの大きさを「対比」して見る人種のようですしね。
とある情報源でとある方もそんなことを言っていましたしね^^

ていうかタミヤってやっぱ凄いですね、その辺りのこともしっかり押さえてるんだもん。
タミヤマンセー!!!(笑)
[PR]

  by zuika-ku | 2006-10-28 12:50 | ミリタリー・フィギュア

<< タミヤ1/35 日本兵@銃剣突撃#3 タミヤ1/35 日本兵@銃剣突撃#2 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE