カテゴリ:1/32 航空機( 4 )

 

ハセガワ 1/32 Me109E その3.5

エンジンの考証地獄にハマってて工作は全然進んでませ~ん。。
一応機体はE-3にすることに決めたので、考証も楽になったんですが、
エンジンには、まだちょっと手を入れられない感じです。

概略すれば、Me109E-3のエンジンは、
DB601A-1(初期型)
DB601A-1(後期型)
DB601Aa(輸出型)、DB601Aという表記もこの型なのかな?
の3種類があるらしいんですが、まぁ、コレが曲者なんですね。

Aaは日本陸軍の飛燕に搭載されたハ-40の元になったやつですね。
ハ-40はDB-601Aaのいわゆるライセンス生産品ですが、補器の位置や細かな部分が違うようです。
スイスに輸出された109Eのエンジンも恐らくこのAaなのでしょう。
E-7やE-8なんかにも詰まれていた実例もある(トロピカル・フィルター装備による吸入効率低下や、低空での空戦が多かった砂漠仕地域では離昇出力の高いこの型が好まれたようですねぇ:キャブレターをいじくって離昇出力を上げて、全開高度を下げている=離昇時の吸入圧制限を取り払っている。)
らしいんですが、
基本的にこいつは、601Aの初期型もしくわ輸出型と考えてよいみたいです。
つーことで、、、今回こいつは眼中に入れなくていいようです。

でもってA-1、、、、、、。
ようするに、こいつもAa同様キャブレターをいじくって性能アップを図っているんですね。
つまりトルコン式過給器の静翼枚数を13枚(動翼はココの記事その3で書いたように12枚のまま?)に増やして、
全開高度を4000m(初期型)から4500m(後期型)にして、馬力も20馬力程アップしてるんですね。
ココから簡単に察すると、、外観から初期・後期の判別は付かないってのが現時点での結論なんですが、、
ホントにそうなんでしょうか?

トルコン式過給器ってのは、高度による気圧をアネロイドでもって測ってフルカン接手に伝えて過給圧をコントロールしているので、全開高度が上がったのなら、ココの機構も変わっているはずなんです。
うーーーん、、でもココが変わっただけで補器の外観が変わるとも考えにくいんですね。
単純にアネロイドを交換したり、初期型のを調整するだけで済んだかもしれないんですけどね、、、。

つーかね、、このトルコンのフルコン接手やらアネロイドが入ってる補器ってのはクランクケースの中に納まってるらしいんで、ネット某所の方々の仰る通り、外観での判別は不可能なんだと思うんですが、確証はないんですねぇ。。。

このイラストの赤い色で断面の記されているドーナツ型の部分が、
アネロイドで、その前側にある薄紫色のがインペラー(動翼)で、その外側にあるのが、
枚数が増やされた静翼ですね。

ネットで検索して、ここで(#5996)で聞いてみて、手元にある和書で調べて、
ハ-40(飛燕関係)の和書紐解いて、、、もう私には考証の限界がきちゃってます(´・ω・`)

詳しい人教えて~!!(マジで!!)
じゃないと、、洋書買っちゃうよぉ~w
[PR]

  by zuika-ku | 2007-04-28 23:45 | 1/32 航空機

ハセガワ 1/32 Me109E その3

とりあえずエンジン部分にある配管・配線がイモ付けモールドなので、
削り取れる部分を削り取りました。
前面はこんな感じ↓
f0020731_010516.jpg

DB601は倒立V型なのでプロペラシャフトが下側に、
減速機室が上側に配置されているのがわかりますね。
エンジン下側にあるU型のものは潤滑タンク(オイルパン)です。
この後には恐らくプロペラピッチガバナー(VDM式)があるはずですが、
キットではオミットされてるのかな?
オイル冷却器はご存知の通り、機首下面に設置してあるアレですね。

で右側面。
f0020731_014790.jpg

うーん。。ここは分からないモールドだらけです。。
右上のはなんですか?
恐らく冷却水コントロール系のものだと思うのですが、、。
丸いモールドはエンジン架取付けブラケットですね。
で、下側にあるのは排気管取付部とプラグコードの配管ですね。
冷却水の冷却器は両翼下面に口を空けているアレですね。

んで左側面。
f0020731_0181542.jpg

右上のは滑油コントロール系の装置かな?
丸いエンジンブラケッと排気管、プラグコード配管は右側面と同じですね。

でもって後面。
f0020731_0271632.jpg

うーーーーん、、ここの装置はマジで良く分かりません。。
これから調べようかと思っていますが、
ここは完成後殆ど見えなくなるので、
配管のイモ付け部分ぐらいのみ手を入れようかと。

で、上面。
f0020731_0294875.jpg

中央左よりにあるのはエア抜き。左端にあるのは点火用マグネトーです。

んでもって下面。
f0020731_031112.jpg

トルコン式過給器からマニホールド、そして各シリンダーへの配管が
良く分かりますね。
配線はなんだか良くわかりません、、。
でも、ここも完成後見えなくなるので、
トルコン→過給器へのインチキなパイピング部分を直すぐらいでしょう。

つーことで、、これからが大変であり、面白いところなんですが、、
まだ少し調べ物をしないと駄目っぽいのです。

それがDB601系統の整理、、。
何故なら、ME109Eには、
DB601A、
DB601A1、
DB601Aa、
DB601E、
DB601Nという型が乗っていたというパターンがあるからです。
あ、、あとE-7シリーズにはデトネーションを防止する為の、酸化窒素噴射装置(GM1)付きがあるんですが、
この装置自体は機内に取り付けられてるっぽいので、
この型にするのなら配管と調整弁を付ければいいのかな?

まぁ、601Nはエンジン前部左右に補助の冷却液タンクが付いているので、
外観ですぐ分かるのですが、A1とAaが良くわからんのですぅぅぅぅ。

ハァ~~ 先は長いなぁ~。
というか、、
その前に機体をE-3にするのか、E-4/Bにするのか、E-7/Nにするのか、
はたまたE-7/Z(GM1付き)にするのかを決めないと進めようがありませんのですな。。

というか、、操縦席の計器配置の資料が豊富なのにしようかと思っておりますよ。
でないとエンジンとそのコントロールスイッチとかの関係がおかしくなりますからねぇ。

ハァ~考証ってマジメにやると超~大変ですね~、、でも楽しいけどね♪
[PR]

  by zuika-ku | 2007-04-19 00:39 | 1/32 航空機

ハセガワ 1/32 Me109E その2

とりあえずエンジンを組んでみました~。
f0020731_1331324.jpg

全体の配置は大方画像の感じですが、
エンジン上部に機銃が乗っかって、防火壁とエンジンの間に機銃の弾薬なんかが納まります。

あ、プロペラシャフトは事故に遭って(誤って踏んずけて)折れちゃいましたw

f0020731_136960.jpg

でもって燃タンとタイヤ。
継ぎ目消ししてみました。

本当はエンジンをどんどん進めたいのですが、
資料を眺めまわして、手順をじっくりと考えてから取り組まないと、
中途半端な仕上がりになりそうだったので、
とりあえず先に出来ることをやってみました。
[PR]

  by zuika-ku | 2007-04-17 01:39 | 1/32 航空機

ハセガワ 1/32 Me109E

最近ひとつのキットに全然集中できなくて
なんだか、あっちこっち喰い散らかしまくりです。。

とりあえず今年の目標である1/32大戦機を完成させるということで
お手つきしたマルキュウです。
f0020731_271510.jpg
↑あまりにも有名なDB601エンジンのパーツ。
少なっ!!w

とりあえずトルコン式過吸気の部分をくり貫いてエッチングのメッシュを貼りました。
本当はこの内側には、30度の開度で12枚の羽根があるインペラーが見えるのですが、
いきなりオミットですw

f0020731_2103728.jpg

でもって接着できるパーツを接着。
ドロップタンクが、なんか蛾のサナギみたいでキモイっすw
右上のは通称"バスタブ"なる燃料タンクです。

f0020731_2121690.jpg

でもってパイロット。。。ヌルっ!!w
前後貼り合せって。。。AFVの1/35、1/32フィギュアとは大違いw
使うかどうか分かりませんが、
とりあえず古~いキットの大らかさを楽しみたくて接着してみました。

実機同様、燃料タンクの上に座らせてみました。
つーか実際はこの間に隔壁と座席が付きますけどね。
[PR]

  by zuika-ku | 2007-04-16 02:15 | 1/32 航空機

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE